梵字ラボ!~京都楽来堂(ラッキー堂)の梵字研究所♪

普賢菩薩 【辰・巳年生まれの守護仏】

普賢菩薩 アン
普賢菩薩
アン
干支: 辰年・巳年
読み: ふげんぼさつ
梵名: サマンタバドラ
真言: オン サンマヤ サトバン

 

究極の慈悲をあらわすのがこの普賢菩薩です。梵名の「サマンタバドラ」は、「普く(あまねく)賢い」という意味のサンスクリット語で、それをもとに「普賢菩薩」と漢訳されたのです。中国・四川省の蛾眉山(がびざん)がこの菩薩の聖地とされ、高さ7メートルにも及ぶ普賢菩薩像が安置されています。

菩薩の中でも、仏の理性をあらわし、特に慈悲をつかさどる仏とされます。世界にあまねく現われ、慈悲の力と、なにものにも打ち勝つ強い菩提心(悟りを求める心)で、衆生を救うといわれています。また、女人往生を象徴する仏でもあり、古来より、女性からも厚い信仰を受けてきました。

諸菩薩の中でも特に重要な存在とされるこの普賢菩薩は、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の示す6つの徳、すなわち「布施」、「特戒」、「忍辱」、「精進」、「禅定」、「智慧」をもって人々を救うといわれ、また、「理」、「定」、「行徳」をつかさどるとされます。よく知られるのが「華厳経(けごんきょう)」の「普賢行願品(ふげんぎょうがんぼん)」に描かれた「十大願」で、「礼敬諸仏」、「称讃如来」、「広修供養」、「懺悔業障」、「随喜功徳」、「請転法輪」、「請仏住世」、「常随仏学」、「恒順衆生」、「普皆廻向」という10の誓いを立て、修行に励む普賢菩薩の姿が賞賛されています。また、「法華経(ほけきょう)」の「普賢菩薩勧発品(ふげんぼさつかんほつぼん)」の中では「六波羅蜜」と「自利利他行(じりりたぎょう・慈悲の心をもって、衆生のために活動すること)」をあらわす「六牙の白象」に乗って、行者の前に現われ、守護したさまが描かれています。象に乗った普賢菩薩像が多く見られるのは、このためです。

この普賢菩薩の持つ延命の徳をより強くあらわしたのが、普賢延命菩薩で、密教の「普賢延命法」の本尊とされています。

また、釈迦の重要な弟子であり、文殊菩薩とともに、「釈迦三尊像」の脇侍をつとめます。「智慧の文殊・慈悲の普賢」と呼ばれ、並び称されています。

 

京都のおすすめ普賢菩薩!

東山区の妙法院門跡(みょうほういんもんぜき)は、左京区の三千院、東山区の青蓮院(しょうれんいん)とともに、天台宗三門跡のひとつとされ、鎌倉初期に尊性法親王(そんしょうほうしんのう)が入寺して以来、親王が歴代の門主をつとめた由緒ある寺院です。本尊である木造普賢菩薩騎象像は、平安末期の造成とされ、重要文化財に指定されています。なお、この妙法院の寺内は、特別公開(主に秋季)の時以外は一般公開されていません。(2006年現在)

左京区大原の勝林院(しょうりんいん)は、天台声明(てんだいしょうみょう・寺院での儀式の際、僧侶が経典に旋律をつけて合唱する宗教音楽。日本の音楽の源流といわれます。 )の根本道場として知られています。本尊の阿弥陀如来は、天台宗の顕真と浄土宗の法然による、かの有名な「大原問答(1186年)」の際、手から光明を放ち、念仏が正しい証拠を示したとされ、「証拠の阿弥陀」と呼ばれています。この本尊のほかに、他にも十一面観音菩薩像、普賢菩薩像、法然上人木像が安置されています。大原には他にも、三千院門跡、寂光院(じゃっこういん・平清盛の娘で、安徳天皇の母である建礼門院が、壇ノ浦の戦いの後で隠棲したことで有名な寺)、来迎院(らいごういん・勝林院とともに天台声明の中心)など、天台宗の寺院が多く、人里離れた山間部に位置することもあって、紅葉の名所としても知られています。

そのほかの守護仏の情報はこちらからチェック!

千手観音菩薩(子年)  虚空蔵菩薩(丑・寅年)  文殊菩薩(卯年)  普賢菩薩(辰・巳年)

勢至菩薩(午年)  大日如来(申・未年)  不動明王(酉年)  阿弥陀如来(戌・亥年)



ラッキー堂オリジナル開運ブレスレットラインナップ!


京都楽来堂のストーン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のデザイン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のカラー別商品ラインナップ!


京都楽来堂の人気シリーズ!

四神&八体仏ブレス
四神&八体仏ブレス

これぞ究極の風水ブレス!
7色の厄除け八体仏ブレス
7色の厄除け八体仏ブレス

鮮やかカラーの厄除けブレス!
干支梵字+裏梵字ブレス
干支梵字+裏梵字ブレス

2つの梵字の開運ブレス!
セミオーダー梵字ブレス
セミオーダー梵字ブレス

簡単オリジナルブレス製作!