梵字ラボ!~京都楽来堂(ラッキー堂)の梵字研究所♪

大日如来 【申・未年生まれの守護仏】

大日如来 バン
大日如来
バン
干支: 申年・未年
読み: だいにちにょらい
梵名: マハーヴァイローチャナ
真言: オン アビラウンケン

 

別名を摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)とも、遍照如来(へんじょうにょらい)ともいい、密教においてすべての中心とされる仏です。密教においては、大日如来こそが宇宙そのものとされ、すべては大日如来から出現するとされたほどの尊格をもちます。その光明が宇宙全体を遍く(あまねく)照らすことから、大日如来または遍照如来と漢訳されたのです。

密教は、遣唐使として海を渡った僧によってわが国に伝えられ、空海(弘法大師)の真言密教、最澄の弟子である円仁(えんにん・慈覚大師)、円珍(えんちん・智証大師)が大成した天台密教に大きく分類されます。この両派において、「大日如来そのものが仏法」という教えが広まり、大日如来は各地で信仰されることになったのです。

この密教の世界観を視覚的にあらわしたものが「曼陀羅」で、「本質をもつもの」という意味のサンスクリット語である「マンダラ」の音を漢訳したものです。曼荼羅は古代インドにその起源をもつといわれています。曼荼羅にはさまざまな形態が見られますが、もっとも有名なのは「両界曼荼羅」です。この曼荼羅は、「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」と「胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)」という2種類から成り立っています。金剛界曼荼羅は「金剛頂経」、胎蔵界曼荼羅は「大日経」という密教の経典の教えに基づいて描かれており、いずれも中心には、密教の中心的尊格である大日如来の姿が描かれています。なお、金剛頂経と大日経は、同じ大日如来を第一の仏としながらも、別々の場所で別々に成立した経典で、この2つの経の教えを統合し、両界曼荼羅を発案したのは、入唐時の空海の師である恵果(えか)であるといわれています。空海は帰国時にこの両界曼荼羅を持ち帰ったといわれており、それを模写したものが、京都・神護寺(じんごじ)所蔵両界曼荼羅(国宝・通称を高雄曼荼羅とも)であるとされます。

 

京都のおすすめ大日如来!

南区の東寺は、正式名を教王護国寺(きょうおうごこくじ)といい、国宝の五重塔であまりにも有名な世界文化遺産の寺院です。794年の平安遷都の際に建立されたとされ、823年に嵯峨天皇が空海に下賜されて以来、真言密教の道場として、また王城鎮護の寺として、朝廷・民衆ともに深く帰依したといいます。講堂に安置されているのは、大日如来をはじめとする21体の仏の彫像で、これは、空海の発案によって制作された羯磨曼荼羅(かつままんだら・曼荼羅を立体的な彫像であらわしたもの)とされます。ほとんどが平安時代の造成で、21体のうち、15体が国宝に、5体は重要文化財に指定されています。また、豊臣秀頼の寄進によって造営されたとされる国宝の金堂には、中尊の高さが2.9メートルにも達する本尊の薬師三尊像が安置されています。他にも国宝・重要文化財指定の寺宝は多く、特に「西院曼荼羅」の異名を持つ両界曼荼羅は有名です。東寺はその歴史と役割にふさわしく、まさに仏教美術の宝庫といえます。

右京区太秦(うずまさ)の広隆寺(こうりゅうじ)は、603年に秦河勝(はたのかわかつ)が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立されたといわれ、通称を「太秦の太子堂」といい、現在の本尊は聖徳太子像です。この寺院で有名なのは、百済から請来されたといわれ、飛鳥時代を代表する仏像で、わが国の国宝指定第一号である「弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしゆいぞう・宝冠菩薩とも)」ですが、木造の大日如来坐像(重要文化財)も2体所有しています。多くの国宝・重要文化財を持つ大伽藍です。大日如来像は、弥勒菩薩その他の国宝・需要文化財の仏像とともに、霊宝殿にて展示されています。

そのほかの守護仏の情報はこちらからチェック!

千手観音菩薩(子年)  虚空蔵菩薩(丑・寅年)  文殊菩薩(卯年)  普賢菩薩(辰・巳年)

勢至菩薩(午年)  大日如来(申・未年)  不動明王(酉年)  阿弥陀如来(戌・亥年)



ラッキー堂オリジナル開運ブレスレットラインナップ!


京都楽来堂のストーン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のデザイン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のカラー別商品ラインナップ!


京都楽来堂の人気シリーズ!

四神&八体仏ブレス
四神&八体仏ブレス

これぞ究極の風水ブレス!
7色の厄除け八体仏ブレス
7色の厄除け八体仏ブレス

鮮やかカラーの厄除けブレス!
干支梵字+裏梵字ブレス
干支梵字+裏梵字ブレス

2つの梵字の開運ブレス!
セミオーダー梵字ブレス
セミオーダー梵字ブレス

簡単オリジナルブレス製作!