梵字ラボ!~京都楽来堂(ラッキー堂)の梵字研究所♪

阿弥陀如来 【戌・亥年生まれの守護仏】

阿弥陀如来 キリーク
阿弥陀如来
キリーク
干支: 戌・亥年
読み: あみだにょらい
梵名: アミターバまたはアミターユス
真言: オン アミリタ テイゼイカラ ウン

 

阿弥陀如来は、「無量寿如来」または「無量光如来」との別名で呼ばれることがあります。これは、この仏の梵名であるサンスクリット語の「アミターユス」が「無限の寿命をもつもの」を、「アミターバ」が「無限の光をもつもの」を表すからです。なお、阿弥陀如来の名は、アミターユスとアミターバの音を漢訳したものです。

阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主であり、その光は現世をあまねく照らすとされます。この阿弥陀如来信仰をテーマにするのが、有名な「浄土三部経」-「無量寿経」・「観無量寿経」・「阿弥陀経」-です。無量寿経には、阿弥陀如来がすべての衆生を救済するために48の願い、すなわち「四十八願」を立てたことが書かれています。この四十八願の第十八願が「本願」または「王本願」と呼ばれているもので、「念仏を行う衆生を救い、極楽浄土に往生させる」と説かれています。この阿弥陀如来の「本願」にすがることから生まれた言葉が「他力本願」です。そもそも他力とは、阿弥陀如来の力を指す言葉だったわけです。「自力で修行を重ね、悟りをひらくのではなく、阿弥陀如来の本願(=他力)によってのみ極楽浄土に往生することができる」という考えは、平安末期から鎌倉時代にかけ、法然や親鸞の浄土教により急速に広まりました。今日でも浄土宗や浄土真宗の念仏である「南無阿弥陀仏」は、「わたしは阿弥陀如来に帰依します(ですので阿弥陀如来にすべてお任せします)」という意味をもつ言葉なのです。

阿弥陀如来は、密教においては大日如来を中心とする五智如来のひとりとされるのに対し、浄土教においてはすべてを委ねる仏とされています。時代や宗派ととともに役割を異にするといってもよく、その違いは、仏像としての造形例に顕著に表れます。

密教における造形では、坐像で、お腹の前で両手を結ぶ(阿弥陀の定印)作例が多いのに対し、平安後期以降は、阿弥陀如来の「来迎」の姿を表す像が多く作られました。立像で、右手は指が上に、左手は指が下になるように手のひらをこちらに向け、親指と人差し指で輪を作る「来迎印」とよばれる両手が特徴です。

 

京都のおすすめ阿弥陀如来!

左京区の永観堂(えいかんどう)は、正式名を無量寿院禅林寺(むりょうじゅいんぜんりんじ)といい、紅葉が美しいことで知られ、「もみじの永観堂」とも呼ばれます。この寺院の本尊である阿弥陀如来立像(重要文化財)は、「みかえり阿弥陀」とよばれ、来迎姿の阿弥陀如来像が、首を傾けて後ろを振り返っているたいへんめずらしい像です。このみかえり阿弥陀と、寺院を中興した永観(ようかん)にまつわるエピソードは以下の通りです。ある日の明け方、永観は日課である念仏行道を行っていました。すると、本尊の阿弥陀如来像が永観の先に立って、導くように念仏行道をはじめられたのです。驚きと感動で、永観はその場に立ち止まってしまいました。すると阿弥陀如来は、後ろを振り返り、「永観、おそし」と言葉を発せられたのです。その時の姿をとどめたのが、みかえり阿弥陀像だといわれています。

右京区嵯峨の二尊院(にそんいん)は、その名の通り、「発遣の釈迦」とよばれる釈迦如来立像と、「来迎の阿弥陀」とよばれる阿弥陀如来立像の2体の本尊を持つ寺院です。小倉山の麓である二尊院の周辺には、嵯峨釈迦堂の名で知られる清涼寺、平清盛の寵愛を失った白拍子の悲劇で知られる祇王寺(ぎおうじ)、百人一首の選者として有名な藤原定家の歌「忍ばれむ物ともなしに小倉山軒端の松ぞなれてひさしき」にちなんで軒端寺(のきばでら)の別名で知られる常寂光寺(じょうじゃっこうじ)、俳人向井去来が晩年を過ごした落柿舎(らくししゃ)など、人気スポットが満載です。

宇治市の平等院は、世界文化遺産登録の寺院であり、鳳凰堂の名で知られる阿弥陀堂(国宝)の中に、本尊の丈六阿弥陀如来坐像(国宝)が安置されています。この阿弥陀如来像は平安仏師・定朝(じょうちょう)の手になるものとして知られ、定朝作と唯一断定されている仏像でもあります。この寺院は藤原道長の別荘であった宇治殿を、息子の頼通が寺院としたのが始まりで、その時に平等院の名もつけられたといいます。鳳凰堂は10円硬貨に、金銅鳳凰(国宝・屋根の上に据え付けられている)は1万円札に、それぞれ図柄として採用されています。当時の権力者が現世に極楽浄土を再現し、「極楽いぶかしくば宇治の御寺をいやまへ(極楽浄土の存在が信じられなければ、宇治の平等院に行ってみなさい)」といわれるほど、その誉れは高かったようです。

そのほかの守護仏の情報はこちらからチェック!

千手観音菩薩(子年)  虚空蔵菩薩(丑・寅年)  文殊菩薩(卯年)  普賢菩薩(辰・巳年)

勢至菩薩(午年)  大日如来(申・未年)  不動明王(酉年)  阿弥陀如来(戌・亥年)



ラッキー堂オリジナル開運ブレスレットラインナップ!


京都楽来堂のストーン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のデザイン別商品カテゴリ!


京都楽来堂のカラー別商品ラインナップ!


京都楽来堂の人気シリーズ!

四神&八体仏ブレス
四神&八体仏ブレス

これぞ究極の風水ブレス!
7色の厄除け八体仏ブレス
7色の厄除け八体仏ブレス

鮮やかカラーの厄除けブレス!
干支梵字+裏梵字ブレス
干支梵字+裏梵字ブレス

2つの梵字の開運ブレス!
セミオーダー梵字ブレス
セミオーダー梵字ブレス

簡単オリジナルブレス製作!